陥入爪 爪が皮膚に食い込む症状

陥入爪(かんにゅうそう)とは、爪が皮膚に食い込んでしまうことです。

症状の程度によっては、腫れてしまったり肉が盛り上がってきたり、出血したりし、歩くことに支障をきたしてしまうこともあります。

陥入爪(かんにゅうそう)は生活の改善で防ぐこともできる

陥入爪は、ツメが皮膚に食い込んでしまう症状です。そのため、周りが赤く腫れて出血してしまうこともあります。巻き爪と似ていて区別が難しいのが特徴です。

もし陥入爪になったら

以下のようなことが書いてあるサイトがありますが、なるべく避けてください。 もし陥入爪になったら爪を切る時には、・・・

陥入爪と巻き爪

陥入爪と巻き爪は似たような症状です。爪が巻く状態になるのか、それとも巻いて皮膚に食い込むのかが違うポイントです。

もしかして爪水虫!?と思ったら 全額返金保証付き!


  • 爪の色が変色している。
  • 爪の形が変わったりボロボロになっている。
  • 爪の周りの皮膚に異常がある。
  • カユミがある。
それは爪の病気の中でも特にメジャーな症状の「爪水虫」もしくは「水虫」かもしれません。
水虫は非常に厄介な症状ですので、なるべく早く適切な処置を行うことを強くお勧めします

スポンサードリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ