Sponsored Link

「スジ爪」とは

スジ爪

スジ爪とは、爪の表面に縦か横の線が入る状態です。

大人の爪には通常、縦線が入り加齢と共に増えていきますが、乾燥がひどい場合や血液循環が悪い場合にも縦線が入る事があります。

横線が入る場合は、亜鉛など栄養が不足してたり、ストレスが溜まった時などが原因と考えられています。その他、高熱が出た時、妊娠中にも起こる事があります。

爪というのは1ヶ月で、3~4ミリのスピードで伸びていきます。そのため、爪の根元から3ミリくらいのところ人横線が入っているとしたら、1ヶ月ほど前に何かしらの体調の変化が現れたということになります。

横線、縦線共に、規則正しい生活や食事に心がけましょう。出来てしまった場合は、バッファ(爪磨き)で磨くとスジを滑らかに出来ます。



Sponsored Link


予防法

正しい食生活と健康の維持が必要。乾燥しがちな方は、クリーム等を使用するのも効果的。しかし、縦線の場合、加齢によるところも大きいので、対処のしようがない。

また、横線に関しては、症状が現れるということは何かしらの体調の変化があったということなので、それが今現在の続いている可能性を考えると、専門医の診断が必要となる場合もある。

もしかして爪水虫!?と思ったらコレ 全額返金保証付き!


  • 爪の色が変色している。
  • 爪の形が変わったりボロボロになっている。
  • 爪の周りの皮膚に異常がある。
  • カユミがある。
それは爪の病気の中でも特にメジャーな症状の「爪水虫」もしくは「水虫」かもしれません。
水虫は非常に厄介な症状ですので、なるべく早く適切な処置を行うことを強くお勧めします
   
記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsored Link


このページの先頭へ