Sponsored Link

爪甲脱落症(そうこうだつらくしょう)

爪甲が爪床から離れて浮き上がった状態。

対処法

先天性、遺伝性、後天性と様々であり、外因、感染症、薬、皮膚疾患や全身疾患などに伴って生じるため、皮膚科で受診するのと合わせて内科、外科での受診が必要となる可能性がある。

簡単に言うと、爪の病気の基本は、体の調子の変化と合わせて起こる。体調が悪かったり、ストレスを感じていたりしていると、爪にも何かしらの症状が出る場合がある。その爪の病気の一つとして『爪甲脱落症』が挙げられる。

先天性や遺伝性では予防しようがないが、外因、感染、薬、皮膚疾患、全身疾患という後天的なものであればある程度の予防、回避は可能である。目安として、剥離した爪甲が白色ないし黄色に変化するような症状が現れるようであれば専門医の受診が必要となる。

[2type-ad]   
記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsored Link


このページの先頭へ