Sponsored Link

咬爪症(こうそうしょう)は噛み爪!?爪を噛む癖をなくそう

咬爪症の症状とは

咬爪症というのは名前の通り爪を咬むことなのですが、それによって爪は個人によって様々な状態になってしまいます。他の人と変わりが無い場合もありますし、かなり凸凹ができてしまうこともあります。咬みすぎて傷になっている人もいます。

爪を咬む行動は小さな子どもから大人まで幅広く見かけることがあるかと思います。子供は成長につれ自然と噛まなくなるようになってくるケースが多いかと思いますが、大人になっても爪を噛んでいる場合は、その行動自体が長年の癖になっていて、その癖を直すことにかなり苦労をすることもあります。

爪を咬むということだけではあまり大変なことには聞こえません。ですが、どれほど咬んでいて爪にどのくらい影響があるのかで、深刻度はかなり変わってきます。もちろんそこまで酷くない状況でも、早くやめたほうが良いのは確かでしょう。

咬爪症の原因とは

咬爪症の原因は何なのかと思っている人も多いでしょう。たしかに原因さえ分かれば防げる人もいるはずです。

原因の1つとしてストレスが考えられます。ストレスがある故にいつの間にか咬んでしまうという人がいるようです。

ストレスの度合いによって、咬み方や咬む力が違うという人もいるでしょう。ストレスがある人が全員爪を咬んでしまうわけではありませんが、爪を咬んでしまう人の原因はほぼストレスと言っても過言ではありません。あとは、子供の頃の癖が直らないというのもあります。

子供の頃はよく爪を咬んでいたという人も多いでしょう。それ自体は全くおかしなことではないので気にしなくて良いのですが、それが大人になっても続くと問題です。それがストレス故なのか本当に癖が抜けないだけなのかは人によって違うのですが、これらが大きな原因と言えます。

咬爪症の予防策とは

咬爪症を予防するために考えられる方法としては、原因とされるストレスを感じないようにすることでしょう。ですがストレスを全く感じずに生活している人などほとんどいません。ストレスを作らないようにするというのは難しい話です。

ですがストレスを減らすことやなるべく早めに発散させることは出来ます。これに関しては人によってやり方が異なるので、こうするべきああするべきというのはありませんが、なるべく早めに発散させることは重要でしょう。早くしないと積もりに積もって大爆発という可能性もあります。

そうなってしまうと自分も大変ですし、周りも大変です。これに関しては、爪を咬むこと関係なく、自分や周りのためにしっかりやっておくに越したことはないでしょう。ストレスが少しずつ減っていけば、爪を咬むことも少なくなると思われます。

朝起きたら急にということはさすがにないでしょうが、気づいたら咬まなくなっているということは十分にありえます。咬爪症を何とかするためには自分のストレスと向き合う必要があるわけですが、少々辛いこともあるでしょう。ですが、咬爪症を治すためには自分がどんなストレスを感じているか知らなければなりません。

それが咬爪症を治すための近道なので、自分のストレスがどこから来ているのか考えてみてください。それは一つかもしれませんし、複数かもしれません。何がストレスか分かるだけで少し楽になることでしょう。

何がストレスか分かったら、それらを取り除いたり楽にする方法を考えて実行してみると良いでしょう。そういう行動が結局、すぐにとはいかなくても、咬爪症を治す近道となるのです。ですが、ストレス以外が原因の場合は、ストレスを除いて精神衛生的に良くなったとしても爪のためにはなりません。

ストレス抜きで完全に癖になってしまっている人は、爪を咬まないようにするしかありません。ではどうすれば良いのかというと、爪を咬むと大変な目に合うと思えば良いのです。例えば、絆創膏を貼るのはありです。

絆創膏というと指に貼るというイメージがあると思いますしそれは決して間違っていないのですが、爪を咬むのを防ぐために貼る以上、爪にしっかり巻きつけないと意味がありません。咬んだらそれは爪ではなく絆創膏というふうになれば、だんだん咬まなくなるでしょう。また、他にも方法はあります。

それはネイルです。ごてごてにする必要は全くないのですが、軽くでもネイルをしておくと、咬んだときにそれを感じます。何もしていない爪を咬むのとネイルをしている爪を咬むのとでどのような違いがあるのかはネイルによって違うかもしれませんが、咬んで良いかんじはしないはずです。

爪を咬まないための絆創膏やネイルは、かなり有効かと思われます。最初はそれでも癖で咬んでしまうかもしれませんが、慣れてくれば咬まないようになってきます。ついやってしまうと気落ちするかもしれませんが、めげないことが咬爪症を治すことに繋がっていくのです。

咬爪症はどう治療していくのか

咬爪症はストレスが原因であることが多いので、治療となると心療内科でカウンセリングを受けたり、場合によっては薬を処方されることになります。これに関しては程度にもよりますし、自分で何とかなる場合もあるかもしれませんが、専門家の力を借りないとどうにもならない場合もあります。爪を咬むことがここまでになるのかと思ってしまう人もいるでしょう。

もちろん爪を咬む癖のある人がみんなこうしなければいけないわけではありませんが、こうでもしないと治らない人もいるのです。もし自分がそうかもと思ったら、心療内科に行ってみると良いでしょう。自分にとっての最善策を提案してくれるでしょうし、自分で何とかしようと悩むよりもかなり楽になります。

すぐに良くなる人もいるでしょうし、かなりの時間かかってしまう人もいると思います。ですが、長い目で見れば良いことだと思います。爪をずっと咬み続けてよいことはありませんし、自分に対する印象が悪くなってしまう可能性もあるのです。

なんとかしようと思ったときがチャンスなのです。爪は皮膚の一部なので元通りになるだろうと思っていたら、元に戻らないなんてこともありえます。今のままで大丈夫と思うのではなく、今のうちになんとかしようと思うことが大事なのです。

咬爪症に関して参考になるURL

自分の症状などによって本当の意味で参考になるところは違うかもしれませんが、https://www.hospita.jp/disease/3199/には簡潔に分かりやすく書いてあります。咬爪症とは何だろうと思ったら役に立ちます。覚えているつもりでも分からなくなってしまうこともありますし、そういうときにぱぱっと見れるというのも良いですね。

もっと詳しく知りたいなら、http://www.123do.co.jp/cgi-bin/illness/archives/120.htmlを見てみると良いでしょう。基礎的なことはもちろんなのですが、もう少し掘り下げたことを知ることが出来ます。先ほどのものよりも長いですが、それほど気になりません。

咬爪症というのは割と身近にあるものなので、なんとなく理解している人は多いと思います。ですが、ちゃんと知っているか否かというのはまた別の話なので、ちゃんと知っておきたいという人にとってはとても良いサイトだと思われます。分かりやすく書かれているので、咬爪症をよく知らない人でも活用出来るのが大きいです。

咬爪症をよく知らないなら、まずは知ることから始めましょう。

長引かせたくないなら早期対策が必須

『爪水虫』のために 『皮膚水虫』のために
爪水虫にクリアネイルショットクリアネイルショット
『クリアネイルショット』
クリアフットヴェール クリアフットヴェール
『クリアフットヴェール』

爪水虫にお困りの方へ。本気で根本から改善したい人限定。

・53秒に1個売れる。
・リピート率約93%。
・全額返金保証付き。

足の裏や指の間のトラブルにお困りの方へ。水虫菌を強力殺菌 。

・約94%以上が効果実感。
・アドバイザーのサポート。
・全額返金保証付き。
公式ページへクリアネイルショット 公式ページへ クリアフットヴェール
   
記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsored Link


このページの先頭へ