水虫は恥ずかしい!?病院に行けない人に伝えたいたった1つのこと

水虫になったらあなたならどうします?

病院に行く
市販薬を使う
放置する

など、選択肢は色々ありますが、水虫に関しては「すぐに病院に行く」という答えを出す人が実は少ないのです。

当サイトのデータでは、水虫、もしくは水虫の疑いがある、違和感があるということを自分で認識してから、すぐに病院に行った人は全体のたった10%しかいませんでした。

たったの10%です。

最終的に約75%の人が病院には行くのですが、そこに至るまで市販薬や民間療法を試してみたり、水虫と認めず放置してしまっているのです。



なぜすぐに病院に行かないのか?やっぱり恥ずかしい・・・

なぜ多くの人が初めから病院に行かないのでしょうか?

理由は色々あるのですが、一番多かった理由は「水虫は恥ずかしいと思っているため」です。

そのため、誰にも相談することができず、さらには病院に行くのも抵抗があり、症状を悪化させてしまう人がいるといった現実があります。

特に女性の場合、男性に比べ恥ずかしいと思う人が多い傾向にあり、症状がひどくなったり、自分ではどうにもならないと自覚してから病院に行く傾向にあります。

その点、男性の場合は、比較的早い段階で病院に行く傾向があります。

病院に行かず色々試してみる

多くの女性が水虫、もしくは水虫の疑いがある場合、なかなか病院には足を運べない傾向にあるのですが、どういった対処をしているのでしょうか?

実はただ放置をしているわけではありません。

まず様子を見ます。その後、市販薬を試してみるか、民間療法を試してみるようです。

やはり水虫は治したいと思っているため、なるべく病院に行かず何とか対応するようにします。

中には、市販薬や民間療法で症状が改善される人もいるようですが、その多くは結局のところ病院に行くことを選択します。

それほど水虫は、素人が自分で治療するには難しい症状だと言えるのです。

女性は真面目? 2度と水虫にはなりたくない!

女性の場合、水虫の疑いがあってもなかなか病院に行こうとしないのですが、いざ病院に行く決断をすると、そのあとは非常に真面目に治療に専念します。

以下のデータをご覧ください。

これは病院に行き、水虫が完治した後に再発した人の割合です。

男性の場合、病院で完治と診断され、その後再発してしまった人は約60%でした。

一方女性の場合、再発する人の割合は約33%でした。

水虫になるかならないかは、日々の生活が大きく関わっています。

つまり、女性の場合、もう2度と水虫にならないよう、日々の生活を気を付けるようになるようです。

病院もドラッグストアも恥ずかしくない

「水虫は恥ずかしい」

そう思っているのは本人だけです。

病院でもドラッグストアでも、水虫の人に対して特に何か思うということは通常ありません。

なぜなら、水虫は自分が意図しなくてもなってしまうことを知っていますし、何よりも、日々数多くの水虫患者が訪れるためです。

テレビで水虫の市販薬のCMを見たことはありませんか?なぜ高いお金を企業は支払ってまで、テレビCMをしているのでしょうか?

それは高いお金を支払いCMを流しても、それ以上の売り上げがあるためです。

つまりそれだけ多くの人が、ドラッグストアを訪れ水虫の市販薬を購入しているのです。

同じように、多くの人が皮膚科を訪れます。

自分では恥ずかしいと思っていても、病院やドラッグストアのスタッフは、特に何も思いません。

勿論彼らも人ですので、何かしら思うことはあるかもしれませんが、特にそれを口にすることはありません。

※ただ人によっては、特に病院のお医者さんの中には、何か言ってくる人がいることも事実です。

どうしても恥ずかしいならネットで市販薬を購入

どうしても恥ずかしいと感じるのであれば、誰にも会わずに市販薬を購入することをおススメします。

つまりインターネットです。

現在、水虫関連の市販薬はインターネットでも購入できるようになっています。それであれば誰に会うこともなく薬を手に入れることができます。

ただし注意点があります。

市販薬を少なくても3か月程度は毎日使用するようにしましょう。当サイトのデータでは水虫が治るまでに要した時間が約3ヵ月程度の人が最も多かったためです。

見た目で治ったと思っても、症状が表に出ていないだけということは、水虫に関しては良くある話です。

そのため、少なくても3か月の継続使用をおススメします。

ただし忘れてはいけないのは、当サイトのデータでは、結局約75%の人が最終的には病院に行っているという事実があることです。

先ほどお話しした水虫が治るまでに3ヵ月というデータも、多くの人が病院の薬を使用した上での話です。

最終的に、どういった判断を下すのかはあなた次第ですが、本当に治したいという気持ちがあるのなら、選ぶべき道は1つだと思います。

もしかして水虫!?と思ったらコレ 全額返金保証付き!


   
記事のタイトルとURLをコピーする

サブコンテンツ

このページの先頭へ