早めのチェック、早めの対処が重要です

このサイトでは、『爪の病気の詳細と対処法、予防法』を紹介しています。

『爪の病気』自分でも気づかないうちに発症していることが多いことを知っていましたか?症状が軽く見えても、実は重い病気の始まりであることもあります。さらに、体の内部の異常を爪に現れて知ることもあるのです。

なので、「あれ?爪の色や形が今までと違うぞ」という時には、爪の病気の可能性もありますが、体の中に異常が発生している場合もあります。

病気は早期発見、早期治療が肝心と言われています。少しでも爪に異常を感じた場合には、症状が悪化する前に調べてみたほうが良いと思います。

また、似たような症状になることがよくあるのも特徴です。画像で見て、『自分の症状と違うから大丈夫!』という自己判断は避けてください。どの症状も甘くはありません。

もし違和感を感じるようでしたら、念のため専門医への受診をオススメします。専門医の診断に違和感を感じるようであれば、セカンドオピニオンを求めるのも有効だと思われます。

病名 症状を一覧で紹介

爪の病気 一覧

『病名』『症状』『対処法と予防法』に分けて掲載してあります。

※内臓疾患によるものや感染によるもの、先天的なものや後天的なものと幅広くあります。

爪の病気を画像で見る

『病名』『画像』『症状』に分けて掲載してあります。

※同じ症状でも見た目が異なる場合があります。

基礎知識

知っておきたいこと

時に爪は、体調の変化を知らせてくれることがあります。

健康な状態の時には、薄いピンク色をしており表面も滑らかですが、もし色や形などに異常が発生したときには、何かしらの病気、疾病を疑っていもよいかもしれません。何事も早期解決・治療が大事です。

知らないうちに多くの人がかかっている!?

爪の病気で最もメジャーなのが「爪水虫」でしょう。
「水虫って足の指の病気でしょ?」
そう思われるかもしれませんが、足の指に菌が原因で水虫ができるのなら、その菌がすぐ近くの爪に影響を及ぼすのは自然なことです。

水虫に気をつけろ!

爪水虫の原因菌は『白癬菌』です。完全に治療しないと、何度でも復活しますし、とにかく周りの人への感染力が強いというかなり厄介なものです。


「水虫だから痒くなる。痒くないから大丈夫。」と思われがちですが、痒くならない水虫もあります。早期発見、早期治療を強くオススメします。

色から症状判断

変色から健康チェック

爪の色が変色してしまったら、体の内部の異常を警告している可能性があります。

治療・予防アイテム

治療・予防アイテム

爪の病気にならないためのアイテムや、病気になってしまった後の治療アイテムを紹介。予防と、早期発見、早期治療が症状の悪化を防ぎます。早め早めの対策をしましょう。

スポンサードリンク


注意事項

症状が人それぞれです。いつもと違うなと感じたら、専門医の受診とセカンドオピニオンを求めるようにしてください。

個人によって現れる症状は異なる可能性があります。このサイトに記載されている内容は、あくまでも参考程度にしてください。症状によっては感染しやすいものや、体の内部の何かしらの疾患が原因となっているものもあります。少しでも違和感を感じたら、すぐに専門医への受診をオススメします。

また、専門医の受診を受けても症状が回復しなかったり、診断に疑問を感じるようであれば、セカンドオピニオンを求めることもおススメします。自己判断することが無いようにした方が良いでしょう。

PR

薬剤師転職
ネイリスト体験談
 

このページの先頭へ