Sponsored Link

爪の病気一覧 『病名』 『症状』 『対処法・予防法』

爪の病気には様々な種類があります。

そして爪の病気になる原因も様々です。内臓疾患によるものや感染によるもの、先天的なものや後天的なものと幅広いのです。

基本として覚えてもらいたいことは、爪の色の変化の多くは、体調に大きく影響を受けます。

自分でも知らない間に疲れがたまっていたり、どこか体の内部に病気を抱えていたりしたときに、爪に何かしらの症状が出ることがあります。

ここでは、爪の病気の一覧を掲載しています。自分の症状がどれに当てはまるのかを探してみてください。

1つ忠告としては、先ほども言いましたが、あなたの爪の症状が疲れによるものであったり、貧血等の鉄分不足等が原因であればよいのですが、内臓疾患であったり、感染症であったり内部的要素が原因である場合には、すぐに専門医の受診を受けてください。

爪の病気の中には、症状がよく似ている病気がありますので、なるべく専門医の意見を仰ぎましょう。

病名 症状 対処法と予防法
ささくれ 爪の根元の表皮が向けてしまっている状態。 キューティクルオイルやハンドクリームを塗る。または、水分油分を補給し、乾燥状態を避ける。バランスの良い食事や体調の管理にも気をつける。
スジ爪 爪の縦方向または、横方向に線や溝が入る状態。 大人の爪は、縦方向の線が入るのは普通のこと。血液の循環が悪い時やしもやけでも縦線ができる。横線は高熱、妊娠、亜鉛が欠乏時に出る。他の爪の病気の予備の可能性もあるので痛みが出たり、心配であれば専門医の受診を勧める。栄養のバランスの良い食事を摂取や全般的な健康の維持。
匙状爪 爪の中央部分がへこみ、先が反ってしまう状態。 職業病、鉄分不足、低色素性貧血、甲状腺機能障害、その他の内科的病気等と合わせて症状が出るため、専門医の受診を勧める。鉄分不足や貧血に注意する。
卵殻爪 爪が薄く白くなり爪先が内側に湾曲してしまう状態。 非常にもろく割れやすくなるため、扱いには充分な注意が必要。過度なダイエットや薬物、内蔵疾患などが原因と考えられるため、それらを避ける。
噛爪・咬爪症 爪を噛み過ぎて変形してしまった状態。 爪が伸びるまで付け爪でカバーする。爪を噛まないようにする。
巨爪症 爪の表面の中央部が肥大化し、盛り上がってしまう状態。 ネイルケアやアートはせずに専門医の受診が必要。爪の表面が滑らかになる様にパミスパウダーでバッフィングする。
爪下出血 打撲や外傷などで爪の下に血の固まりが起こる状態。 爪が剥れる可能性があるため、扱いに注意が必要。外傷に気をつける。
爪周囲炎 傷から化膿菌が入り込み、爪の周囲が赤く腫れ痛み、炎症をおこす状態。 感染症であるため、直ちに専門医の受診が必要。外傷に気をつける。または、外傷を負っても傷口を清潔に保ち、化膿を防ぐ。
爪甲剥離症 爪が黄色や白色に変化して爪床(そうしょう)から離れてしまう状態。 洗剤などの化学物質や、菌が原因となる場合がありますので、専門医の受診が必要。使う洗剤や科学物質に注意。
爪甲層状分裂症 爪の先端が雲母をはがすように裂けて来る状態。 爪への刺激を避け、爪を短く切り、専用オイル。クリームなどでの保湿が必要。乾燥に注意。またはマニキュア等の刺激を避ける。



Sponsored Link


病名 症状 対処法と予防法
爪甲白斑 爪が白く見える状態。 点状爪甲白斑・線状爪甲白斑・汎発型爪甲白斑と3タイプに分かれており、それぞれ対処法が異なる。心配であれば専門医の受診を勧める。先天的を除き、体調の管理が必要。
爪甲縦裂症 爪に縦状の割れ目が入り、裂けてしまったりする状態。 トリートメント剤でケア。キューティクルリムーバーやネイルカラーリムーバーの使い過ぎに注意。
爪甲脱落症 爪甲が爪床から離れて浮き上がった状態。爪甲が白色もしくは黄色に変化することがある。 先天性、遺伝性、後天性と様々であり、外因、感染症、薬、皮膚疾患や全身疾患などに伴って生じるため、特定の対処法はナシ。
爪甲萎縮症 爪が弱って衰えてしまい、爪の色がにごり、萎縮して剥がれ落ちる状態。 爪切りは使わずエメリーボードで爪を削るようにする。刺激の強い石鹸、粉石鹸の使用は控える。刺激の強い石鹸、粉石鹸の使用は控える。
爪白斑 爪の表面に白い斑点などが現れる状態。新しい爪が作られる際に入った気泡や、打撲などが原因とされる。 爪が伸びるのを待つ。
爪水虫・爪白癬 多くが、爪の表面が白く濁っている状態。感染症のため特に注意が必要。 専門医の受診が必要。内服薬、塗り薬を使う。特に水虫になっている場合には感染する可能性があるので、水虫を治す。
爪鉤湾症 爪の表面が分厚くなり、爪先がフックのように内側に湾曲する状態。 ネイルケアやネイルアートなどの刺激を避け、専門医の受診が必要。
翼状爪膜 キューティクル(甘皮)が成長しすぎて、爪の表面を覆ってしまう状態。 ホットオイルマニキュアを使用し、プッシャーにてキューティクルを押し上げる。ネイルエッセンスで柔らかくし、爪を傷つけないよう軽く押し上げる。また、キューティクルニッパーで少しずつ取り除く。遺伝の可能性もある。
陥入爪 爪先の両端が皮膚に食い込んで化膿や出血を繰り返す状態。 痛みがひどかったり、化膿している場合には他の感染症にかかる場合もあるので、専門医の受診が必要。深爪に注意。
巻き爪 爪が長いときに爪甲が靴の両側から押されて先端が湾曲し、爪床の皮膚を挟んだり、食い込んだりする状態。 爪甲の一部を切り取って人工爪(つけ爪)を作り、爪の湾曲を徐々に小さくしていくと効果的。曲がっている爪を切り、靴は先端の丸いゆったりしたものに替える。

長引かせたくないなら早期対策が必須

『爪水虫』のために 『皮膚水虫』のために
爪水虫にクリアネイルショットクリアネイルショット
『クリアネイルショット』
クリアフットヴェール クリアフットヴェール
『クリアフットヴェール』

爪水虫にお困りの方へ。本気で根本から改善したい人限定。

・53秒に1個売れる。
・リピート率約93%。
・全額返金保証付き。

足の裏や指の間のトラブルにお困りの方へ。水虫菌を強力殺菌 。

・約94%以上が効果実感。
・アドバイザーのサポート。
・全額返金保証付き。
公式ページへクリアネイルショット 公式ページへ クリアフットヴェール
   
記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsored Link


このページの先頭へ