Sponsored Link

巻き爪の画像集 巻き爪には様々なタイプがある

かなり皮膚に食い込んでいる巻き爪

一言で「巻き爪」と言っても、様々なタイプがあります。

それはこれから紹介する写真を見ていただければ分かるかと思います。

ここでは、現在巻き爪と診断され治療を受けている方、または、過去に巻き爪と診断されたこともある方の現在の爪の様子を紹介しています。

巻き爪の画像

巻き爪A 自己対処⇒病院⇒治療中

30代男性の巻き爪の様子です。

現在治療中とのことです。巻き爪になった原因として予想されるのは、偏平足など足のゆがみによるものと、爪水虫だそうです。

病院での治療は、爪を剥ぐ、もしくは切ってもらい、痛みのある時には巻き爪用のテープで固定をしているそうです。

治療には時間がかかるようで、すでに4年ほど治療を続けているとのことです。

当初、自分で対処していたそうですが、巻き爪が皮膚に食い込み痛みが発生し、自分ではどうにもできなくなって病院の受診を受けたとのことです。

爪を剥いで消毒を行い、その後は定期的に受診し、お医者さんに爪を切ってもらうことで対処しているとのことです。

巻き爪B 放置⇒病院⇒再発⇒病院

30代女性の巻き爪の様子です。現在皮膚科にて治療中とのことです。

2年前に一度病院に行き巻き爪と診断されたそうです。治療の結果完治したのですが、再び再発してしまったそうです。

前回も今回も、巻き爪になってしまった原因として考えられるのは、爪先部分が細い靴を日常的に履いていることと、爪を深く切りすぎていることの2つが考えられるようです。

現在よりも2年前の方が状態が悪かったようで、爪に針金を通し形を矯正するといった治療をしていただきました。今回はそれほど症状としてはひどくないようです。

病院では化膿予防の抗生物質入りの軟膏を処方されました。また、爪は症状が回復するまでなるべく短く切らないようにすること、できるだけ爪先を出したまま生活するようにと指示を受けました。

巻き爪C 放置⇒病院⇒再発を繰り返し現在放置

60代女性の巻き爪の様子です。

病院に行き治療し改善、そして再発。また病院へ行って治療し改善、そして再発。を繰り返していたそうです。

病院では爪を切ってもらい改善は見られたそうですが、そのたびに再発することと、治療の痛みが嫌で通院を現在では止めてしまっているそうです。

巻き爪D 放置⇒病院

30代男性の巻き爪の様子です。

1年ほど前に形成外科で巻き爪と診断を受けたそうです。その際、炎症を起こしていたそうで、爪の外側を局所麻酔し切除する処置を受けたそうです。

そして抗生物質を服用し、ゲンタンシン軟膏を塗布していたようです。

その後は自分で定期的に爪を切っているそうですが、施術後1年間は定期的に通院していたそうです。

巻き爪となった原因は、長年運動をしており、先の細いスパイクを使用していたため、圧迫されたことが原因と推測しています。

現在は、肉に食い込む前に自分で爪を切除しているためか痛みもなく、炎症も確認できないため、通院はしていないそうです。

巻き爪E 放置⇒病院⇒再発⇒病院

30代女性の巻き爪の様子です。

現在、緩和治療を行っている最中だそうです。

巻き爪になった原因として考えられるのは、クラシックバレエで足へ過度な負担を与えていたためと予想されます。

治療の方法としては、BSスパンゲというテープを爪の表面に貼り、一時的に爪を持ち上げて痛みを緩和させる方法です。

毎月1度テープを貼り換えており、途中治療を中断したこともありましたが、5年間治療をし続けているそうです。

以前は、爪が伸びてくると痛みが和らぐということもあり、爪を伸ばして我慢をしていた時期もあったそうです。

巻き爪F 長期間放置⇒病院

80代女性の巻き爪の様子です。

巻き爪になった原因として医師が挙げられていることは、長年足に合わない靴で仕事をしており、靴の中で親指が擦れたことが1つの原因と考えられるそうです。

また、脳梗塞のマヒにより左足の機能が低下し、足指先を使って歩かなくなったことも原因として考えられるそうです。

行っている治療としては、爪と指の間に空間ができている個所に、皮膚科の医師が処方してくれたヒルドイドローションを1日2回注入する用にしているそうです。また爪全体にも塗布しているそうです。

長い間、本人も巻き爪という認識がなく病院に行っていませんでした。病院に行ったのが1年7か月前で、それから治療を行っているそうです。

始めは周りの人は爪水虫を疑って病院に行ったらしいのですが、病院での診察の結果、水虫の原因菌は発見されず、巻き爪という診断で落ち着いたようです。

ちなみに、巻き爪の症状が出ているのは左足のみだそうです。

巻き爪G 自己治療⇒巻き爪専門クリニック⇒放置

40代女性の巻き爪の様子です。

巻き爪になった原因として考えられることは、子供の頃にサイズが小さい靴を履いていたことが考えられます。そういったことは結構あるそうです。

病院ではなく、巻き爪の治療を専門で扱っているところで施術をしてもらいました。その際、根元からの治療を行いました。

爪の内側を少しずつ削り、プラスチック素材のようなのを爪を少しずつもちあげて開くような感じで固定。それを一度ではなく、何度かに分けてその施術を繰り返したそうです。

施術自体に痛みはなかったそうです。

始めは自分で対処しようと、巻き爪専用のアイテムを百貨店で購入し実践したそうですが、うまくいかなかったようです。そのため皮膚科に行ったそうですが、手の施しようがないと言われてしまったようです。

そんな時に、偶然巻き爪専用のクリニックを知り行き施術をしてもらい症状が改善したようです。

問題点としては、1回の施術にそれなりのまとまった金額が必要なことだそうです。そのため現在では金銭面的問題で施術を見送っているようです。

巻き爪H 放置⇒市販薬⇒放置⇒再発⇒病院

50代の女性の巻き爪の様子です。

巻き爪の原因は、爪の切り方が良くなかったことと、靴が自分のサイズに合っていなかったためと考えられるようです。

治療を行うまでは放置しており、その後、市販薬を利用し改善が見られたため放置。その後再発し病院で診察を受けたそうです。

最後に病院で治療し始めてから2年ほど経過しているそうですが、現在は通院していないとのことです。

現在行っている対処法としては、爪を直線に切っているようで、意識的に気を付けているとのことです。ただし、爪の角を切り込みすぎると膿んでくることもあるそうです。

巻き爪I 病院⇒放置⇒病院⇒放置

20代女性の巻き爪の様子です。

物心ついた時から巻き爪らしく、原因は自分でも分かっていないようです。もしかすると、幼少期に履いていた靴が足のサイズに合っていなかった可能性があるとのことです。

7歳の時に皮膚科に行き、巻き爪・陥没爪と診断されたそうです。治療法として提案されたのが、一度爪を全て剥がす方法だったようで、あまりの恐怖のため具体的な治療はしなかったそうです。

その後成長し、10代後半に他のクリニックで巻き爪治療を行ったそうです。ワイヤー法とガター法、2つの治療法を提案されガター法を選んだそうです。ただその治療法も様々な理由から半年ほどで止めてしまったとのことです。

その後は自分でコットンパッキングを治療した治療法を試してみたようですが、それも3か月ほどで止めてしまったとのことです。

それ以降、10年以上放置している状態だそうですが、肉に食い込む部分を切り肉に食い込ませないようにすることで対処しているとのことです。

巻き爪J 病院⇒放置

20代女性の巻き爪の様子です。

原因として考えられるのは、ローファーやパンプスを履きすぎたことだと考えているようです。

病院で受診を受けたときに巻き爪と診断され治療を受けていたそうですが、毎月約1万円と治療費がかさむため現在は通院していないとのことです。

そのためか、また症状が戻ってきているということです。

掲載画像についての注意

ここで掲載している巻き爪の画像は、「現在巻き爪の治療を病院で受けている」、もしくは「過去に巻き爪と病院で診断され現在は放置している」といった人たちから集めたものです。

写真を見ていただいてもお分かりの通り、一言で巻き爪と言っても人によって症状が異なることが分かるかと思います。

長引かせたくないなら早期対策が必須

『爪水虫』のために 『皮膚水虫』のために
爪水虫にクリアネイルショットクリアネイルショット
『クリアネイルショット』
クリアフットヴェール クリアフットヴェール
『クリアフットヴェール』

爪水虫にお困りの方へ。本気で根本から改善したい人限定。

・53秒に1個売れる。
・リピート率約93%。
・全額返金保証付き。

足の裏や指の間のトラブルにお困りの方へ。水虫菌を強力殺菌 。

・約94%以上が効果実感。
・アドバイザーのサポート。
・全額返金保証付き。
公式ページへクリアネイルショット 公式ページへ クリアフットヴェール
   
記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsored Link


このページの先頭へ