水虫を自分で治したい 絶対にやめた方が良い3つの理由

水虫を自分で治したい

そう思っている人は、決して少なくありません。

誰もが病院に行ったほうが良いということは分かっていると思います。それでも、病院から足が遠ざかってしまう理由は以下の通りです。

忙しくて病院に行く時間を確保するのが難しい。

病院に行くのが恥ずかしい。行きたくない。

自分で簡単に治療できそう。

自分で水虫を治療する方法は、インターネットで調べるといろいろ出てきます。

しかし正直おススメできません。

結論から言いますが、もし水虫の症状が出たら水虫専用の薬を使用する、もしくは専門医の受診を受けた方が、早く症状が改善していきますし、後々苦労しなくて済みます。

今回は、「自分で水虫治療をしない方が良い理由」をお話ししたいと思います。



完治までには数ヶ月~数年 とにかく時間がかかる

水虫の特性 感染するとかなり厄介

そもそも水虫の原因菌は「白癬菌」と呼ばれる「カビ」です。

一度感染してしまうと完治までに数ヶ月から数年必要となり、その間、周りにうつしてしまう可能性があるのです。

そのため、短期間で完治させることは難しく、例え病院で処方された薬を使用しても完治までに時間を要してしまいます。

周りの人に感染させてしまうリスクのあるものなので、周りの人のためにも完治させる必要があるでしょう。

完治しない限り付きまとう

水虫の特性 完治しない限り付きまとう

水虫の原因菌である白癬菌は「非常にしつこい」ため、完治させなければ再び増殖していきます。

つまり、ある程度症状が治まり見た目的にも良くなると治ったと自己判断し、治療を止めてしまう人がいるのですが、それは間違いなのです。

水虫再発のメカニズム

「水虫が再発した」

このように話す人がいるのですが、大抵2つのパターンに分かれます。

  • 「本当に完治していて、再び水虫になってしまった場合。」
  • 「そもそも以前の水虫が完治しておらず、症状が出ていなかった、もしくは気づいていなかったものが症状が強くなることで気づいた場合」

そして実はこの2つの目ケースが良くあるのです。

治ったと勘違いする人が多い

何度もお話ししているように、水虫が完治するまでにまとまった時間がかかります。

「以前、水虫を治療して治ったけどまた水虫になったんだ。」

このように話す人がいるのですが、実はそうではなく、完治しておらず表面上に症状が出ていなかったという可能性があるのです。

適切な治療をすることで、症状によっては早いうちに症状が軽くなることがあります。そこで「水虫が治った」思ってしまい、治療を止めてしまう人が多いのですが、実は治っていないということは多々あります。

特に寒い季節になると、症状が一旦収まることがあるため、完治したと思われがちがちです。

水虫の再発率は非常に高く、当サイトで集めたデータでは約40%の人が再発していました。

このようなこともあり、しっかりと完治をさせないと、繰り返し症状が現れ、数年、数十年と悩みから解放されないということにもなりかねません。そしてその間、自分が苦しむだけでなく、周りの人に迷惑をかけ続ける可能性もあるわけです。

周りに迷惑をかける可能性あり

水虫は周りの人に迷惑をかける可能性が十分にある
たびたびお話ししていますが、水虫はしっかり治療しないと、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

水虫は家族内感染、施設内感染を引き起こすことで知られています。そのため集団で生活する環境の中にいる人や、共用のスペースを利用する際に、自分が感染源になってしまう可能性があるのです。

水虫が感染した恐れがある場所として以下の場所が報告されています。

  • 仕事先
  • 温泉
  • プール
  • 介護施設

同じ顔を合わせる環境では、自分が感染源として疑われてしまうことがあるため、人間関係に影響を及ぼす可能性があります。反面、自分が水虫でなくても、これらの場所で感染してしまう可能性があるので注意が必要です。

完治させるために必要なこと それは・・・

水虫を完治させるためには必要なこと

水虫を完治させるために必要なこと。それは「完治するまで専門薬を使い続けること」そして「水虫の好む環境を作らない」ことです。

見た目的に、治ったと思ってもその後しばらくは薬を使い続けることが大切です。また、再び水虫にならないよう、足元を常に清潔にしておくことが重要なのです。

水虫専用の薬を手に入れる

まず、水虫専用の薬を手に入れる必要があります。水虫専用の薬を手に入れるためには、「専門医の受診を受け薬を処方してもらう」「ドラッグストアで入手する」方法が一般的です。

薬が症状に合っていれば、薬を毎日使い続けることで、症状は緩和されていきます。そしてここで大事なことは「治ったと思ってもしばらくは薬を使い続けること」です。

水虫の原因菌は目で確認することができません。そのため、見た目の症状が良くなっても存在していることがあるのです。つまり中途半端に治すのではなく、完全に治しきるためにも、症状が治まっても薬を使い続けるようにしましょう。

もし病院に通院している場合には、顕微鏡検査を行ってくれますので、水虫が完治しているかどうかすぐに分かることができます。

このことからも病院に行ったほうが良いでしょう。

どうしても病院に行きたくない人のために

「どうしても病院には行きたくない」

そう思う人は実際かなり数多くいます。

そういった人はせめて、水虫専用の薬を利用するようにしてください。絶対に放置だけは止めましょう。長く苦しむことになるためです。

人に会わなくても購入できる市販薬は沢山ある

世の中には、色々な水虫専用の治療薬が販売されています。最寄りも薬局やドラッグストアで手に入れることができます。

また、対人での購入に抵抗がある人は、インターネットでも購入することができます。

どのような治療薬でも良いので、治す気があるのなら購入して使用するようにしてください。

その際、市販薬の仕様上の注意の通りにするようにしてください。水虫の種類にもよりますが、大抵約2ヶ月~約6ヶ月程度は薬を使い続けることになると思います。

肌や爪が生まれ変わる、つまりターンオーバーするためには個人差はありますが、約3ヶ月~6ヶ月は少なくても必要となってきます。その間は使い続けるようにしましょう。

途中で使用を中止してしまうと、また症状が広がる可能性が十分にあります。

もしかして水虫!?と思ったらコレ 全額返金保証付き!


   
記事のタイトルとURLをコピーする

体験談 条件別検索

男性女性
10代20代30代40代
皮膚皮膚・爪
再発放置市販薬民間療法病院自己判断
1ヶ月未満1ヶ月2ヶ月3ヵ月6ヶ月1年
サブコンテンツ

このページの先頭へ