爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)は、爪が白色や黄色くなり先から中心にかけて皮膚から離れてしまう症状です。特に、中高年の方に多くみられます。

また、爪を酷使する人はなりやすいと言われています。

なかなか治りにくいとされています。

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)

爪甲剥離症は爪水虫と勘違いされることがある症状です。診断も難しく治療にも時間がかかることで知られています。

もしかして爪水虫!?と思ったら 全額返金保証付き!


  • 爪の色が変色している。
  • 爪の形が変わったりボロボロになっている。
  • 爪の周りの皮膚に異常がある。
  • カユミがある。
それは爪の病気の中でも特にメジャーな症状の「爪水虫」もしくは「水虫」かもしれません。
水虫は非常に厄介な症状ですので、なるべく早く適切な処置を行うことを強くお勧めします

スポンサードリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ