咬爪症(こうそうしょう)

咬爪症(こうそうしょう)といっても聞きなれないかもしれません。分かりやすい言葉で言うと「爪を噛む癖」のことを言います。

これにより、爪の形が変形してしまったり、細菌感染を引き起こす可能性もあります。

咬爪症(こうそうしょう)は噛み爪!?爪を噛む癖をなくそう

咬爪症(こうそうしょう)とは、噛爪(かみづめ)とも呼ばれ、爪の噛み過ぎにより形が変形してしまう状態の事を言いま・・・

爪を噛む癖を直したい!?

ツメを噛む癖を直したい方へ、その解決法をいくつか紹介しています。あまり噛み続けてしまうと、その他の病気へ派生する可能性がありますのでご注意下さい。

爪をきれいに手入れをすることが噛まないことへの第一歩

爪を噛む癖をなくすためには、爪のきれいにお手入れをするとなくなる人もいるようです。

もしかして爪水虫!?と思ったら 全額返金保証付き!


  • 爪の色が変色している。
  • 爪の形が変わったりボロボロになっている。
  • 爪の周りの皮膚に異常がある。
  • カユミがある。
それは爪の病気の中でも特にメジャーな症状の「爪水虫」もしくは「水虫」かもしれません。
水虫は非常に厄介な症状ですので、なるべく早く適切な処置を行うことを強くお勧めします

スポンサードリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ