Sponsored Link

爪の色が緑色に変色

爪が緑色に変色した場合、次のような症状につながる可能性が考えられます。

緑膿菌に感染

免疫力が低下した人には、緑膿菌に感染する可能性が高くなります。

緑膿菌は、消毒や抗生物質に対して抵抗力が強いため、治療が困難であるとされています。また、後天的に薬剤の体制を獲得したものも多いのが特徴です。

緑膿菌は緑色の色素をもつ細菌のため、爪の色が緑色に変色したように見えます。

抵抗力が低下していなければ無害ですが、抵抗力が低下しているときには感染した場所から、他の爪へ感染することもありますので注意が必要です。

重度の場合には、完治するために1年ほどかかる場合もあります。

最悪の場合には爪を失ってしまう場合もありますし、体内に入り込んでしまう可能性もあります。体内に感染してしまうと、次のような感染症を引き起こす可能性があります。

  • 角膜炎
  • 外耳炎
  • 発疹
  • 肺炎
  • 敗血症
  • 続発性肺炎
  • 心内膜炎
  • 中枢神経感染

緑膿菌敗血症での致死率は約80%とされているため、十分に注意したいです。こういったことから、なるべく早い段階で専門医の受診をおススメします。

青ざめたような爪

例えば、血液中の酸素量が足りない状態になると「チアノーゼ」になります。チアノーゼになると爪以外にも、顔色や唇が青ざめたような色に変色することがあります。

長引かせたくないなら早期対策が必須

『爪水虫』のために 『皮膚水虫』のために
爪水虫にクリアネイルショットクリアネイルショット
『クリアネイルショット』
クリアフットヴェール クリアフットヴェール
『クリアフットヴェール』

爪水虫にお困りの方へ。本気で根本から改善したい人限定。

・53秒に1個売れる。
・リピート率約93%。
・全額返金保証付き。

足の裏や指の間のトラブルにお困りの方へ。水虫菌を強力殺菌 。

・約94%以上が効果実感。
・アドバイザーのサポート。
・全額返金保証付き。
公式ページへクリアネイルショット 公式ページへ クリアフットヴェール
   
記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsored Link


このページの先頭へ