Sponsored Link

爪白癬の治療法

爪白癬の治療は、主に塗り薬と飲み薬による、薬物療法によって行います。

また、爪の生え替わりには一定の期間を必要とします。一般的には、爪の生え替わりに要する期間は、手の爪で約6ヵ月、足の爪では約1年かかるといわれています。

塗り薬

足水虫の治療では中心的な役割を担う塗り薬ですが、爪白癬(水虫)を塗り薬だけで治すことは困難です。なぜなら、爪の外側から直接塗り薬を塗っても、爪が硬くて塗り薬の成分が白癬菌まで届きにくいからです。

それゆえに、爪白癬の治療では塗り薬はあくまで補助的に用いられます。患部である爪に直接塗るのではなく、爪の周辺、たとえば爪のつけ根を覆う皮膚である爪上皮(甘皮)などに塗ります。

[g-ad]

飲み薬

飲み薬は爪白癬の治療の中心です。

外側からでは成分が届かない爪の中の白癬菌も、飲み薬ならば体の中から直接成分が届きます。

また、飲み薬はその成分が直接白癬菌に届くだけでなく、薬の成分が体内に長時間とどまるという利点があります。

[2type-ad]   
記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsored Link


このページの先頭へ